アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」第8話 愛に生きる女ジューン(ネタバレ感想)

f:id:Annice:20180404230550j:plain

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」第8話のアニスのネタバレ感想です。

あれま、ジューンは意外にも愛に生きる情熱の女でしたね。

ルークの生存を知ったことで、ニックのことは吹っ飛ぶかと思いましたけど、どうやらまだ熱い関係を終わらせる気はなかったようで・・。

 

ただ、彼女が元々恋愛体質ということよりも、現在の閉ざされ、自由を奪われた環境の中では、唯一喜びと解放を感じられるのがニックと過ごす時間ということなのでしょうね。

その瞬間だけは、快楽に溺れ人間的な感情を実感でき、孤独を感じることもない・・。

ルークと離れて3年・・。既に思い出すことも難しくなってきた夫の幻影にすがるよりも、今目の前にいるニックとの関係に取り組むことの方が、実感として「今を生きる」ために必要なのでしょう。

スポンサーリンク
 

 

だんだん気色悪くなってきた司令官

なにあれ・・?女の脚の毛を剃るってどういう趣味なの?

あんなことされて喜ぶ女いないのに、ご満悦な様子で気持ち悪いわ~。

 

大体、これまで紳士ぶって長いことスクランブルをしてきたのは何だったの?

前の侍女にも手を出して自殺という結果に追い込んでしまったので、ジューンの様子を伺うためにも今回は時間をかけた・・って感じかしら。

なんだかんだ男はみんな同じで、女と見ればそれしかないのね・・。

そして、前のオイタは妻にバレてたみたいですね。

 

今回はバレないよう慎重に慎重に・・。

化粧をさせて、衣装を着せて、さぁ恐妻のいぬ間に隠れ売春宿へゴー!

(衣装のせいか、ジューンが太りつつある気がする・・)

もちろんジューンには選択肢はなく、操り人形状態で奴の思うがまま・・。

ニックの微妙な視線を感じつつ、ジューンもついに正式な愛人デビューを果たしてしまいました。

 

でもウォーターフォードと一緒にいる時のジューンは声に感情もなく、無機質に徹してますね。(せめてもの意地からか・・。)

あれでジューンが喜んでると勘違いできるウォーターフォードも相当アホですけど、ジューンももう少しテンション上げないとそのうちバレちゃうんじゃないかとちょっと心配です。

 

よかった!モイラが生きてた!

コロニー送りになったと聞いていたモイラですが、そこで売春婦として生き残っていました!

初めこそ親友との再会を嬉しそうにしていたモイラですが、その後は大分辛そうでしたね。

現在の生活に耐えきれず、心が死にかけているようです。

「もうギレアド脱出は無理」と完全に諦めている様子で、酒や薬にも溺れているようでした。

 

ふと疑問に思ったんですけど、そもそもモイラってどうして侍女になれたんですかね?

ジャニーンやジューン、オブグレンは過去に子供を産んだことのある女性ばかりで、妊娠能力を証明してますけど、モイラって子供はいなそうですよね。

妊娠したことがなくても、毎月排卵してるかどうかや卵子の質などを見たりしてるのかな?そこら辺の説明がないけど・・。

スポンサーリンク
 

 

ニックが「目」になった事情が明らかに!

ふーん、あんな風に信者をリクルートするんですね。

でも、あの職安のおじさんはニックの何を見てピンと来たんでしょうかね?

助けのいる兄弟を世話する姿なのか、絡んできた男に強気で立ち向かっていった姿なのか・・。

でもまぁ、それはあの瞬間に決めたことじゃなくて、事前にニックの身辺調査は済ませてあるようでしたけど。

ともあれ、あのオジサンが幹部中の幹部のようで、現在はあのオジサン直属のスパイとしてニックは生きているようです。

ウォーターフォードも粛清の対象として目を付けられてるようですね。

でもさ、司令官であっても侍女に手を出したら処刑なんて、随分厳しいじゃないの、ギレアドも。

もちろんニックもジューンとの関係がバレたら即処刑ですから、「もうやめよう」と決断するのも当然ですね。

あのジューンを見つめる目から、ジューンに対しての気持ちが本気なのも伝わってきますので、恐らくは彼女の身を案じているのでしょう。

 

ところが、ジューンは「箱の中の人形として生きるくらいなら、今を生きて殺された方がまし。少なくとも自分を覚えていてくれる人がいる」と同意せず。

(きっと、あのオブグレンも同じ気持ちで女中とそういう関係を続けたはず。)

 

そして、決意の表情でクローゼットの裏側に"You're not alone."と削っていました。

この言葉はあの職安のオジサンがニックを勧誘する時に使ってましたね。(字幕では「仲間になろう」になってましたが)

「あなたは一人じゃない」というのは、自分に対してのメッセージなのか、それとも後に続く侍女へ向けたものなのか・・。

 

残りあと2話! 

と言う訳で、ニックとジューンの関係は今後どうなっていくんでしょうか?

気持ち的には両者とも本気のようですが、ニックが心を開く様子がありませんからね。彼女を危険に晒したくないせいだとは思いますが、ミシガン出身のニック・ブレインさんということしか教えてくれないし・・。当然ジューンはそれでは不満だし。

死よりも、箱の中の人形となる方を恐れるジューンは今後どうやって「生きる」道を見つけて行くのか・・、また来週が楽しみです!