アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」第6話 セリーナとフレッドの物語 (ネタバレ感想)

f:id:Annice:20180321232005j:plain

今回は謎に包まれていたウォーターフォード夫妻に焦点を充てて、彼らの過去と現在が描かれていました。

びっくりしたのは、彼らはギレアドの建国理念を立ち上げ、アメリカ国家転覆を図るクーデターを仕掛けた側のまさにど真ん中にいた人達だったということ!

うっわ~、キツイな・・。

ウォーターフォードが大物司令官というのは聞いてましたけど、まさかここまでギレアドの幹部だったとはね・・。

 

セリーナとフレッドが前の時代に普通の若者のように生き生きして小作りに励んでいるシーンがありましたけど、既に聖書の言葉(?)を呟いてましたね。

彼らがなぜそこまで原理的主義的な思想に傾倒していったかまでは描かれていませんでしたけど(子供ができない!という危機感が一つにはあると思いますが・・)、以前から信仰心が篤かったみたいで・・。

セリーナはドメスティック・フェミニズムという概念をテーマに「女性の領域」という本を書いたらしいですけど、今現在の彼女の生活が、当時の彼女が望んだものになってるんでしょうかね?

 

それにしても、彼らは相当深刻で、ジューンにとってはまさに敵の中の敵。

こうなってくると、ジューンがフレッドをあすこまで嫌悪感丸出しで毛嫌いするのも分かるし、この際、あのイカれたリディアおばの方がまだマシにみえてくるわ・・。

ジャニーンの目を自分でえぐっておいて、キスして「デザートを届けてあげるわ」ニコって、背筋ぞぞ~っ・・。

だけど、パーティに参加してご馳走が食べたかったジャニーンがまた可愛くて、可哀そう・・。まだ赤ちゃんといられるのかな?

スポンサーリンク
 

メキシコ通商代表団の本音

あのおばちゃんですけど、あんな風に司令官たちの前でジューンに質問したところで、どんな答えが返ってくると期待してたんですかね?

それに、「幸せ?」と聞いた時のジューンの困窮した様子と絞り出した声から、普通はある程度察するでしょ。

それを「正直に答えてくれてありがと~」って嬉しそうに最後チョコを持ってきて、ジューンの本心を改めて聞かされた時の驚きようったら・・、こっちが驚くわ・・。

まぁ、それでもメキシコの危機を説明して「助けれない」と言ってましたから、侍女たちの苦しみもある程度は予想していたのかな。

 

セリーナの演出で子供たちをあんな風に登場させて、すっかりその気にさせられてましたけど、そもそも侍女たちをトレードしたところでメキシコで同じように機能するんですかね?

だって、あんな異常な体制を敷いているのはこの国だけで、他の国は以前と同じなんでしょ?

大気汚染や不作、不妊問題が深刻化していることはあっても・・。

メキシコで侍女を監視する目がいなければ、皆逃げるんじゃないのかなぁ・・。

それにしても、もう6年も子供が生まれていないって、怖すぎ!超高齢化社会どころの話じゃないわね。絶滅を待つだけ?!

だけど、侍女を何十人か送り込んで、子供が何十人かできたところで、何かが変わるとは思えないけどなぁ・・。

それこそ、その子供達世代の負担を考えたら気の毒すぎて産むのも怖いわ。

例えば、将来一人が5千人の老人を支える、なんて、無謀過ぎて彼らも逃げ出すでしょ。うーん、すごい時代だなぁ・・。

 

ニックへの想い

どうやらジューンもニックに対して本気みたいですね。

立ったまま手を触れあってるだけで、すごい興奮してましたもんね。

だけど、相変わらずニックが若く見えるなぁ・・。

ジューンに「じゃ、何も着るな」なんて軽口を叩く感じがちょっと違和感かも。

もう少し、あと5歳くらいは年上で、渋さと人生経験を感じさせる俳優さんの方がしっくり来たかなぁ・・、なんて思ってしまう。

ジューンがもっと若ければいいけど、顔も体格的にも貫禄たっぷりでニックよりかなり年上に見えちゃうのよね。

色々言ってますけど、とりあえずは2人は禁断の恋の行方に目が離せませんね。

スポンサーリンク
 

フレッドにもおべっかを・・

前回フレッドの本心を聞いて、「コイツ、ないわ・・」と完全に見切ってしまったことと、今はニックに気持ちが持っていかれていること、メキシコ団からの質問のことなどもあって、上の空のジューン・・。

フレッドの愚痴を完全に聞き流していたことで、奴がヘソを曲げてしまいました。

これはイカン、コロニー送りは勘弁!と思い直したのか、ジューンが気持ちを入れ替え謝罪し、キスでご機嫌を伺っていました。

なんだ~、司令官もやっぱり下心からジューンを誘ってたんじゃなのー!

「こっちへこい、キスしろ」っていうフレッドはただのエロ爺だったしね・・。

(でも自分から行かないのは、思想とプライドが許さないのか・・)

ジェントルマンの装いが少しずつ剥がれ落ちている感のあるフレッドですけど、ジューンとニックとの関係を発見した時は怒りまくりそう・・。怖いわぁ・・。

 

突然現れた救いの手

最後、交渉団の内の一人の男がジューンに「ルーカスは生きてる、メッセージを届けられる」と突然声をかけてきました。

必死の表情を見るに、本気なのが伝わってきますけど、なぜ彼はあれほどのリスクを冒してジューンとルーカスを助けようとしてるのでしょうか?(ただメッセージを届けるだけかもだけど)

突然ルーカスが生きてることを知らされ愕然とするジューンですが、今後どんな展開が待っているのか?

それと、ジューンは妊娠はしてなかったのかなぁ・・。

ゲ~って吐いてたのは何だったのか・・。(もしただ具合が悪かったとしたら、紛らわしいにも程があるでしょ!まさにそこがテーマのドラマなんだからさ)

でも、たぶん妊娠検査薬も使っちゃいけないのよね。

だとしたら妊娠が確信できるのは結構時間がかかるかも・・。

ニックとルーカス、それとフレッド。三人の男と非情な現実に翻弄されるジューンが今後どう自分の道を切り開いていくのか、ではまた来週!

*huluで毎週水曜エピソード追加、配信中。無料期間あり。