アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

「フィアー・ザ・ウォーキングデッド」シーズン3 第6話 おっそろしい女・・

f:id:Annice:20171020233715j:plain

マディソン、すごい事になって来ましたね~。

そこまで捨て身で生き残る気なら、もう傍からとやかく言うのはやめましょう・・って気になってきました。

「フィアー」がここに来て、さらにテーマ性を強めてきました。

汚れたっていい!魂を悪魔に売ろうと、家族が生き残ればいいのじゃ~!

ってことみたいです。

←アマゾンで配信中!

ウォーカーの呼び名を変更

「ウォーキングデッド」ってタイトルについてるし、リック達がウォーカーって呼んでるので、私もそう書いてきましたが、ここで面倒なことが・・。

なんと、あのインディアンのリーダーの名前がよりによって「ウォーカー」ですって・・。

また、なんでそんな紛らわしいことを。。

 

仕方ないので、とりあえず便宜上「死人達」に変更します。

マディソン達ってなんて呼んでましたっけ?「死人」とか「感染者」だったかな?

 

で、その長髪ウォーカーたちが殺した家々の人たちも牧場の仲間で、椅子に座ってたのが創始者の一人のフィルって人だったみたいです。

(あのシーン見返すのが嫌なので確認できないけど、たぶん・・。)

 

それにしても牧場広い!

それぞれが離れた場所に家建ててに住んでるんですね。

よくご飯食べる時にみんなあそこに集合できるなぁ・・。

 

話によると、先住民たちはかなり貧しく、実際のところ牧場を襲うだけの武器や物資もないようです。

あんなに広い牧場なんだから、半分あげるってことで折り合いをつければいいのにね。

ジェイクが話を付けに向かうようですが、どうなることでしょうか。

 

マディソンとトロイが協力体制

足が血だらけになってましたけど、その後は結構普通に歩けてましたね。

思ったんですけど、あんなに血が出るくらいなら上着とか破って足に巻いて歩けばよかったのに・・。

 

先住民に襲われると怯える人々は牧場から逃げ出そうとしますが、これを必死にトロイとマディソンが止めようとします。

オットーとジェイクはこういう部分の統率力がないみたいですね。

演説をするでもなく、バーノン一家を引き留めるでもなく、ただ諦めモード。

マディソンはトロイしか使えそうなのがないので、なんとかこのサイコ少年をおだてて役立てようと必死です。

 

結局バーノン達も殺すトロイ

もう、あのサイコはダメでしょう・・。

始めからわかってたことだけど、やっぱり変われる訳がない。

友達のマイクも含め、家族を惨殺して来たようです。

それなのにマディソンはこの状況を利用し、死体を見せつけ(おい、子供もいたぞ!)、嘘のスピーチまでして人々が外の世界を恐れるように仕向けることに大成功。

もう、マディソンたら、恐ろしい女だわ~。

真実よりも正義よりも、生き残ることが大事!それだけ!

 

しかもトロイに、「あなたはリーダーになれる。今後絶対に理性を失わないなら。」なんて調子のいいこと言ってその気にさせちゃって~!

理性を失うとかそういうレベルじゃないでしょうにね。

「私たちを守れるの?」なんて、自尊心をくすぐるようなことを言うと、トロイは自分を見捨てないマディソンに感激しちゃったのか、思わず「Yes, maam」ですって。

スポンサーリンク
 

やけに大人になったニック

ニックですけど、断酒を破ったオットーに対しても大人の態度だったし、マディソンの暴走に関しても寛容だったし、随分成長しましたね。

メキシコに着いた頃、「死人も生きてる」っていうオバちゃんに洗脳されちゃってた頃とは大分変わったのかな。

もう完全にマディソンのバックアップ体制できてます。

外の厳しい世界を目の当たりにしてきて、改めて母の強さに恐れ入ってる感じでしょうか。

 

ジェイクどうなる?

ジェイクは始めから心配だったんですけど、一人であんな無謀な行動とって大丈夫なのかな?

アリシアはフィアーの大事なアイドル枠ですから、どこに何しに行こうと死なないと思いますけど、ジェイクは危ないな~。

それこそジェイクいなくなったら怖い怖い!

オットーも先が長くないだろうし、そしたらトロイの独裁ですよ。あの牧場。

私だったら絶対あんなのとは一緒に暮らしたくないけどなぁ・・。