アニスの今日の海外ドラマ

海外ドラマ20年、国際結婚10年の働く40女です。今日も勝手なネタバレ感想をブツクサ書いてます。

ブラックリスト シーズン3 20話と21話を見ての感想(ネタバレあり)

f:id:Annice:20170228094625j:plain

20話と21話を見ました。

 

リズが死んでから、新しい組織が登場して、その辺りの説明に費やした感じでしょうか。

あまり面白くない2話でした。

どうも今回の黒幕は政府じゃなくて、政府も頼りにしているという傭兵を雇う私的組織とそこに関連のある会社やその重役たちが登場して、あまり頭がよくない私には細かい部分がよくわからなかったですわ。

スポンサーリンク
 

やっぱり寂しい

それにしても、リズ役のメーガン・ブーンがいまいち・・なんて文句言ってましたが、実際いなくなるとさすがに寂しいというか、華がなくなりますね。

そろそろ復活してくれないと、視聴率的にも持たないかと思いますが、今シーズン最終話までにはなんとか登場してくれるのでしょうか。

 

お爺ちゃん登場

そんな面白くない話の中で、お~っ!と思ったのはおじいちゃん登場の部分ですね。

おじいちゃん役の役者さん、昔映画でよく見かけた方ですよね。確かブライアンなんとかって言ったような・・。

さすが貫禄ありました。骨太な感じで、短い登場シーンでずずーんと味わいを残す演技してくれてます。

「お前が殺したようなもんだ」とレディントンを非難しながらも、決して怒り全面ではなく、それでもどこかで彼を気遣っているような、長年同じ目的を共有してきた者への愛情が感じられるようなおじいちゃんでした。

いいですね~。

リズが生きているなら絶対にこのおじいちゃんと会って欲しいです。アグネスちゃんと一緒に。

それまで安酒飲んで体壊さないように、元気でいて欲しいですね。

 

Xメン来た

あ、あとリズ誘拐を依頼された実行組織のボスが女なんですけど、Xメンの女優さん(ファムケ・ヤンセン)でしたね。

やっぱり強烈ですね。レディントンと向かい合っての場面ではさすが・・と唸ってしまうすごみが出てましたね。

(この方の顔、何人かわからない不思議な造りですよね。調べたらオランダ系の方でモデルもやっていたそうです。なによりびっくりは現在52歳!ジェームズ・スペーダーと5歳しか違わないのかー。)

 

ブラックリストはリズ含めFBI側には無名な役者さんが多いのですが(私が知らないだけかもですが)、悪役側にはすごく有名でいい役者さんを充ててきますね。

殺された局長もよかったし、まだ生きてるその上のヒッチンもよく見る人だし、あ、あとレディントンと最後酒酌み交わしてから射殺されたベルリン役の人も有名だし、アラン・フィッチの人もよく見ますね。冷たい演技がよかったです。

ソロモン役の人は全く見たことなかったですけど、これまたいいですね~。残酷さが顔からにじみでてますもんね。

 

というわけで、そろそろ次回くらいから大きな動きがあるでしょうか。期待です!